外壁「浮き」エポキシ樹脂注入補修工事(タイル)

外壁「浮き」エポキシ樹脂注入補修工事

外壁は鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造の建物の場合、何層かの層によって構成されます。

コンクリートで造った外壁に対して、仕上げ層(塗装やタイル等)へたどり着くまでに、モルタルつけ送り層やタイル張り付けセメント層、仕上げ塗りセメント層など複数の層によって構成されるのが通常です。

これらの層のどれか?もしくは複数の層の間で肌別れが生じた外壁の症状を「浮き」と呼びます。

この症状は目には見えませんが、酷い症状になると外壁の剥落を起こし大事故になる可能性があります。

定期的に診断して、不具合が生じていれば早急に補修することが大切です。

ではこの「浮き」を補修する代表例として

 

手動高圧エポキシ樹脂注入補修(SUSピン併用)の流れです。

 

1.打検・マーキング

専用の持具(テストハンマー・パルハンマー等)を使って、外壁を打診検査します。

主に音の聞き分けによる検査です。

打診音の軽さ重さで浮きを判別します。

dsc_1481

 

2.振動ドリルによる穴あけ作業

振動ドリル(ハンマードリル)を用いて浮きのある層+ピンの長さの半分まで穴をあけます。

※テスト段階の施工で浮きの層までの深さを計測して、ピンの長さを選定します。

手ごたえで浮きの感覚が分かります。スッと抜ける感じ

dsc_1484

3.清掃

エアダスター等を使って穴の中と浮きの層を埃を吹き飛ばします。

dsc_1487

4.エポキシ樹脂注入

手動高圧ポンプ(通称・注入ガン)とウェスパッキンでエポキシ樹脂を「浮き」に対して注入していきます。

注入しながら、打検し音を聞き分けて、エポキシ樹脂が浮きに充填されるのを確認します。

dsc_1490

5.SUSピン挿入

ステンレスピン(全ねじタイプ)を注入孔に挿しいれて(必ず孔の底まで)肌別れした層を一つの層にします。

dsc_1494

6.穴埋め

目地セメント・樹脂モルタル・エポキシパテなどで穴を埋め戻します。

※注入したエポキシ樹脂が硬化してから。

dsc_1504

7.完了

汚れなどをしっかり清掃して完了になります。

部分注入補修ではなく全注入補修であれば、再打検して浮きがまだ存在していれば、追加注入します。

dsc_1507

以上の流れが、手動高圧エポキシ樹脂注入補修工事の流れになります。

肌別れした層をエポキシ樹脂とピンによって一体化させ強固にする補修工事になります。

目に見えない症状ですが、経年劣化・地震等で鉄筋コンクリート造の建物では量は違えど必ずと言っていいほど起っている不具合です。

高層のビルや、通りに面した建物のオーナー様は機会が御座いましたら点検されたほうが宜しいかと思います。

ゴンドラ作業

新年度が始まりました。

ここから、また気を引き締めて「お客様の視点で、良い仕事」を続けて頑張りましょう!

弊社にとって、大きなウェイトを占める、ゴンドラ作業による工事。

今回はゴンドラ作業のあれこれ。

高所作業、不安定な足場、風による影響、自身の墜落、工具等の落下等々と

数えればきりが無いゴンドラ作業の注意事項。

枠組みや単管足場でも勿論危険作業ではありますが、作業上の気の使い方はゴンドラ作業のほうが

はるかに使います。

唯一つ一つをしっかりと認識し、安全確認を怠らず、やるべきことをしっかり出来ていれば

使い勝手の良い足場=ゴンドラになります。

ゴンドラ作業風景

DSC_1674

下地補修工事をしているゴンドラ作業写真です。

ゴンドラの箱の大きさは様々にありまして、大体2人から3人乗ります。

最大重量は箱の大きさやワイヤーの太さによって変わります。

作業員はライフラインに安全帯を掛けて作業します。

工具類も全部ひも付きで作業します。

一人乗りゴンドラ

DSCF2715

一人乗りタイプのゴンドラです。(チェアー型と呼んでいます)

先に紹介した箱型のゴンドラよりも吊る場所を選ばず、細かい場所や箱型が吊れない場所にも使うことが出来ます。

作業範囲は小さくなるので、作業時間は少しかかりますが、狭い場所や足場を掛けるのが難しいと思われるところで活躍する乗り物です。

このようなゴンドラを使い、足場を掛けづらい建物の補修やリフォームをしていきます。

(建物の上部がゴンドラを吊れる形状でないと使えないというのが急所ですが・・。)

でも吊れる環境であることが分かれば、足場選定の幅が広がりコスト削減や工期短縮などが望めたりするのでリフォームの際は是非ゴンドラでの作業も検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

雨漏り補修(水抜きパイプ設置)

このところ雨模様の日が多く、雨漏り補修の案件が増えてきております。

今日は雨漏り補修工事のシーリング補修の中の水抜きパイプ設置工事についてです。

DSC_2778

上の写真は既存シーリング材を撤去したところです。

この建物は外壁が穴あきPC板のビルになります。

雨がサッシの上のカーテンボックスのジョイントから漏ってくるとの事です。

2階の窓上の工事になりますのでチェアー型ゴンドラでの作業になりました。

現況というとやはり板間のシーリング材の劣化があり、タイルのひび割れやタイル目地の劣化等が見られます。

ガッチリ外装修繕工事をすれば間違いないのですが、とにかく今回は雨漏り補修のみでの依頼です。

気になる、シーリングの破断、剥離箇所の補修、タイルひび割れ等の処置をしましたが、

念押しに水抜きパイプの設置を。

これで外壁面から穴あきPC板の進入した雨水をサッシの上で排出して、室内には漏水させない工事になります。

DSC_2779

水抜きパイプ設置完了です。

既存シーリング撤去→養生プライマー塗布→一次シール充填→バックアップ材・水抜きパイプ設置→二次シール充填→完了

これで仮に、見落としていたシーリングの劣化、タイルのひび割れがあっても室内には漏水しない構造が出来上がりました。

 

 

漏水補修工事(ひび割れ)

漏水補修工事(ひび割れ)

DSC_2107

 

 

 

 

ひび割れから雨漏り発生です。

内壁、外壁に貫通しているひび割れで、雨が降ると毛細管現象により雨水が侵入して来ます。

ひび割れを目止めシール処理して、エポキシ樹脂を注入しています。

鉄筋コンクリート造でひび割れからの漏水補修は目に見える漏水なので、処理しやすく早急に対応出来る工事です。

注入したエポキシ樹脂が硬化した後に塗装して完了になります。

ひび割れは一度雨水が通ると、水道になり雨水が通り易くなります。

ひび割れを見つけたら、出来るだけ早く何かしらの処理はしたいですね。

(勿論ちゃんと補修するのがベストですが。)

漏水、雨漏りした際には、その時の雨量、風の向き、強さに雨の降りだしから雨漏りまでの時間などの事をお聞かせ頂けると、調査、原因特定の大変貴重な情報になるので気にかけておいて頂けると幸いです。

これから、ゲリラ豪雨や台風などの雨風があると思います。

皆様お気をつけください。

 

 

ひび割れ補修工事(自動低圧注入工事)

ひび割れ補修工事(自動低圧注入工事)

現状→ひび割れ清掃→目止めシール

IMG_0192

アタッチメント設置→エポキシ樹脂注入

IMG_0214

アタッチメント及び目止めシール撤去→完了

写真は自動低圧注入工事シリンダー工法のものです。

施工前~施工後の外観はほぼ変わりません。

ひび割れがエポキシ樹脂で埋まっているのを確認できます。

外壁にひび割れが発生する要素としては、地震・コンクリートの収縮・寒暖差の伸び縮みなどがあげられます。

どのような要素であっても、ひび割れが発生しますと雨水が毛細管現象でどんどん入っていきます。

この毛細管現象で入る雨水の量は、意外に多いので驚きます。

(ひび割れに雨水がどんどん吸い込まれるイメージです。)

なので、発見したらなるべく早めに専門の業者に見てもらうことをお勧めします。

ひび割れの補修方法は、ひび割れの大きさ・挙動性の有無・外装の種類・作業範囲の状況などにより補修方法がいろいろ検討できます。

今回の自動低圧注工法は小さいひび割れから補修可能で、補習跡がほぼ残りません。そして騒音・埃が発生しないので、なかなか重宝する工法です。

他の工法から比べるとデメリットというかネックは、挙動性のあるひび割れに対しての性能とコストが高いという事くらいです。

ただそのコストが一番のネックになることが多いですが・・。

挙動性のあるひび割れに対してはやはり有効なのはUカットシール処理になると思います。

Uカットシール処理については後日。

これから、ゲリラ豪雨や台風によってひび割れから雨漏りすることもあると思います。

こんな小さなひび割れから、あんなに雨漏りが・・。

こんな事例も沢山あります。是非天気の良い日に外壁の点検を!^^