秋の長雨です。

秋雨前線絶好調で、屋外工事業者は瀕死ですね・・。

雨でも可能な作業が恋しいです。

現場は進捗しないし、予想以上の長雨で雨漏りの案件も結構出てきており

天気が回復してからの仕事量に不安です・・。

それにしても、よく降ります。本当によく降りますね。

こういうときは天気と喧嘩しても勝てないので

じっと我慢です。はい。じっと我慢です。

雨でも可能な作業・・。

高圧洗浄やクリーニング作業は◎

雨掛りで無い場所の作業は湿度の問題をクリアすれば〇

屋根(雨養生)をして作業、ほぼほぼ突貫気味ですが日程的にきつく仕方なければ△

このくらいでしょうかねぇ~。

これが出来ないと内勤や道具整理・整備などの事をする訳です。

さてさて、てるてる坊主つくりますかな。

 

梅雨っぽく。

外装業者泣かせの梅雨っぽい天気が続いてます。

幸い一つ工場の内部で鉄部塗装工事があるので

かろうじて稼動できる現場があります。

でも基本的には厳しいですね~毎年の事ですが。

こればっかりは屋外での作業がメインの会社では致し方ないですね・・。

でも、毎年の事なんで色々試行錯誤しながらやって行くしかないですね^^

でもこうジメジメした期間が続きますとやはり建物に色々影響が及ぶものです。

コケが生えたり、カビが生えたり、塗装・防水が膨れたりと

コケもカビもそのままにしておくと、周囲が汚染されたりさらには塗膜や防水膜を劣化させたり

するので、早めの掃除。大事です。

床タイルなんかで、目地にコケが生えたりしてる場合にはその下に日々が発生しているケースもありますので

コケ掃除して建物のチェックされてみてはいかがでしょうか?

大雨です。

今朝から降っている雨が関東でピークの時間みたいです。

風もかなりふいているので、雨漏りが懸念されますね・・。

雨量と風の強さは、普段の雨とは全く違う水の流れを生みます。

なので、普段は雨漏りしない建物でも、注意が必要です。

そしてこういう時こそ、お家の点検を注意深くされたら重大な被害が未然に防げたりする事もありますから。

雨が強いな~。風も強いな~。もう結構な時間降ってるな~。など普段と違う雨風に気づいたら

天井にシミが無いか?窓枠付近に湿り気や水が流れた跡はないか?押入れの奥にシミが出来てないか?

そんな事を気にしながらお家の点検してみてくださいね!

6月です。

今年もあっという間に6月突入です。

入梅も間近かな?という天気が続いています。

弊社は少しだけ繁忙期を抜けた感がある今日この頃で御座います。

とは言え、忙しいくらいでないと経営は厳しいのですが・・(汗

という事で中の仕事の整理に忙しくしている管理人であります。

日々の更新業務が滞っているので、名簿やらその他もろもろの更新が盛り沢山です・・。

自動に更新されていく書式や雛形等が作れれば容易い業務なのでしょうが、

手作業で一つ一つ更新です。(勿論パソコンですけど・・。((汗))

でもこの書類を作っておくのと無いのとでは現場が決まってからの書類提出のスピードが違ってくるので

本当はちょこちょこやらないといけない作業です。

道具の日々の手入れなんかに似ていたりします^^

ブログの更新も滞り気味なので反省することばかりです・・。

どうしても現場が立て込んでくると他の仕事に手が廻らない管理人ですが

何とかしようという気持ちは人一倍あるつもりです。いやっ。あります!

さて現在の稼働状況はというと、学校の屋上防水が最終段階・工場の屋根塗装が中盤戦。

そのくらいの仕事量なので、管理人は借り出されていません。

でも借り出されるくらいのほうが経営的には安定します・・。

こういう時間に、新しい技術や工法・材料の勉強をして

お客様のニーズに応えられるように励まなきゃいけませんね!

梅雨時期なので防水屋さんにはそういう時機到来です。

洗浄作業とか、雨がかりでないエリアの作業は雨の日回しにしましょうね~!!

↑(外壁リフォーム業者あるある)

 

 

 

久しぶりに雨模様(雪も)

今日は雨(雪)で各現場共に休工になりました。

予報では夕方くらいからだったので、朝はスタッフ一同集合しました。

が、結局はこの天気で行える作業のある現場が無いという事で休工です。

天気が物言う屋外での作業なので、致し方ないところです。

雨でも可能な作業の維持管理、調整は職長さんが頑張ってくれて入るのですが

なかなか思うようにいかない日もあります。

こういう日は各自会社に残って、道具の管理するも良し、日頃できない事務作業を覚えるのも良し、

はたまた、リフレッシュに使う職人さんも良し。

なんだかんだで一日終わっちゃうんですけどね・・。

でも体調管理には気を付けてほしいと心から思う、管理人です。

 

台風10号

台風10号が東北に向かって進んでいます。

進路にあたる地域の方に甚大な被害が出ない事を願います。

盆明けからフル稼働も毎週来る台風に作業は停滞。

そして大雨、強風を伴う雨で雨漏り補修の工事も・・。

まだまだ台風も来そうなので、早急に現調、補修に廻っております。

普段では考えられない雨量と強風だったりしますので、

雨漏りの原因も探るのになかなか難しかったりもしますが

持てる力をフルに発揮して対応しております。

通常工事もなかなかここにきて進捗しないのが悩みです。

勿論人手不足もありますが、この天気には正直泣けてきます。

でも自然相手の屋外労働ですから仕方がありません、我慢です。

猛暑と言われていましたが、関東(東京・埼玉あたりです)ではそれほど猛暑ではない気がします。

むしろ例年より作業しやすい感じも。(気温的には)

ただ、暑いは暑かったですけどね・・。

この毎週の台風騒ぎから、秋になっちゃうんでしょうかね?

それとも残暑猛暑になるんでしょうか?

とにかく今の台風10号は史上にないコースの台風だそうなので

進路にあたる地域の方が被害にあわれないように。

 

梅雨入りしました。

関東地方も梅雨入りですね。

今日東北も梅雨入りしたので、梅雨のある地域は日本全国梅雨になりました。

屋外作業の業種にとっては、なかなか難しい季節です。

段取り一つで、現場の展開が変わる時期でもありますね。

職長さんや世話役さんの腕の見せ所です。

雨でも出来る作業は限られますからね。

雨掛かりでない場所の作業や屋根を作っての作業なども視野に入れつつ、

工程表と格闘しながらの段取りになります。

とは言え、やはり長雨が続くと休工になってしまうのは、どうしても・・。

そういう日は溜まった内勤仕事を片づけたり、これを機に知識や技術を蓄えたり、

道具の手入れを入念にしたりして勤務しています。

特に電動工具などはいざ使うときに、しっかり動いてもらえるようにメンテナンスに時間を掛けたいんですが、フル稼働中はなかなか時間が取れないので、こういう時こそ!です!

当社で使われる電動工具は、振動ドリル・ベビーサンダー・ハンドミキサー・ミキスター・無振動ドリル・インパクト・コンプレッサーなどなど。

種類も意外にありますし、どれも複数台なので整備も時間が掛かります。

でも良い仕事が出来るように整備に力も入ります。

梅雨時期で雨が多い季節です!

台風などの大雨も雨漏り発生タイミングではありますが、

しとしとの長雨でもゆっくりじっくり染み出るような雨漏りが発生している場合もございます。

気になるシミや滴などがありましたら、調査のご依頼頂ければ即時対応させて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

秋ですか?

少し間隔が空いてしまいました。

お盆休みが終わり、通常営業で工事に取り組んでいます。

ようやく身体も休みモードから慣れてきたところで、天気がすっきりしませんね・・。

雨だけでなく、肌寒かったりで8月とは思えませんね。

しかも屋上防水工事の真っただ中なので、悪い予報でさえ苦しいとこです。

毎日、天気と相談しながらの采配になります。

職長、職人さんたちに頼るところですね。

こんな天気の中でも工事を進めてくれているので、本当に頭が下がります。

当社の自慢の職人さんたちです!

暑い中、寒い中、雨の中、風の中・・。

あらゆる状況の中でどういう工程、作業をセレクトして少しでも前に工事を進めることが出来る。当社のベテラン職人さん達は本当に凄いです。

判断力、引き出しの多さ、経験値の高さ,もちろん知識・技術の高さもベテランの職人さんになると総合力が必要になります。特に現場を任せられたりする立場になると、とても必要です。

技術は練習、知識は勉強。けれども経験値からなる判断力と引き出しの数は、やはりベテラン職人さんにはかないません。

若い知識と技術を兼ね備えた有望な職長さんも、躊躇することなく判断に困ることや自分のキャパを超える物事に躓いた時には先輩職人さんにアドバイスをもらってみて、判断してみることはとても大切な経験になります!

このブログを見ている若い職人さん!!尖がってばかりいないで、先人たちの知恵も自分のスキルに変えていきましょうね!!!

「ほおう。なるほど!」と思うことが沢山ありますからね。

知識と技術と経験を繋ぐことが出来る会社。

そういう会社を目指して頑張ります。

 

海の日

今日は祝日(海の日)でした。

関東も昨日、梅雨明けしたと思われるんだそうで、暑い日が続いてます。

本日は1件だけ下地補修工事の現場が稼働しています。

都会の雑居ビルで隣りとの間隔が人ひとり入るのがやっとのところ。

隣りが建て替えられているので作業空間がありますが、建て替え前は作業自体が困難だったんでしょうね~・・。

工事に入っているビルも新築の状態のまま(築30年は軽く超えてると・・。)しかもコンクリートを打つのがやっとだったんでしょうね、打ちっ放しでピーコン跡もそのまんま。

とは言え、この状態が珍しいかと言うと、東京の雑居ビル群にはあるあるです。

猫一匹入れるくらいの隙間でビルを建ててしまう技術には感服です。(安全面は置いといて。)

まぁ、しかし「建てっ放し」で何もされていないので、30年40年物のビルは直しがいがあります。

しかも狭いし、この夏場の昼間でも灯光器が要る程暗いし・・。

でもこれほど痛んでいると、直している間にどんどん愛着がわいてきます^^

おっ!ここもこんなに痛んでるか!!じゃぁ、ここも痛んでるな!!やっぱりね。なんて具合に(汗

手は掛かりますが、直していて楽しいんですよ(本当ですよ)

でも、手がかかる=コストもかかる(忘れちゃいかん事実・・。)

やはり、メンテナンスは頃合い良いころにしっかりと繋いでいくのがトータルコストではお安く済むと思いますね。

さぁっ!夏本番でいよいよキツイ夏がやってきますが(実はすでに暑くて・・。)

お日様に負けずに、暑さ対策万全で挑みますよ!!^^

明日からは、いよいよ屋上ウレタン塗膜防水工事in学校の屋上ですよ。

暑い夏の作業の中でも、もっとも暑い状況の工事になります。

体調整えて挑みます。^^

 

 

 

 

週初めから雨とは・・。(外壁塗装更新の時期)

7月なんですけどね・・。

月曜日から雨模様で2現場が休工になりました。

もう一現場は内部の作業なのでなんとかなりますがねぇ~・・。

この梅雨時期は本当に辛いですね。(職業を変えたいくらいですよ。)

でも梅雨明けと共に、鬱憤晴らしながら命一杯働けるように頑張ります。

ここで防水業者から、そろそろリフォームをお考えのお客様にアドバイス。

(偉そうにで、本当にすいません。)

外壁塗装の劣化具合の判断

1.手でこする→手が白くなる

チョーキングという現象です。経年劣化で塗装が粉をふいてしまっています。

外壁保護の性能が失われてきています。なるべく早めにご相談を。

2.目視でひび割れ・膨れなどが確認できる。

外壁の種類によりますが塗装仕上げで、ひび割れが確認出来るほどであれば、次にそのひび割れから

雨水が浸透し、雨漏れにつながります。現在雨漏れが無くても、出来れば早めにご相談を。

早めの補修はコストダウンにつながります。

外壁塗装の膨れが確認できる場合はすでに雨水が塗装の内側に入っています。

なるべく早めにご相談を。

外壁塗装材にはデザイン・意匠性のほか、外壁の保護(紫外線・雨水)の役割があります。

この役割を担うことが出来るのは、塗装が良好な状態であるときです。

先ほどの2つのチェックで分かるのは、塗装の状態が良好であるかどうかです。

外壁塗装は状況にもよりますが、7年から15年の間には更新したいものです。

劣悪な環境ではやはり痛みますし、良い環境であれば全然痛まないし。

その辺の判断(いつ位に更新すれば良いか?)

は是非、専門業者さんに見てもらってください。

それから、やはり更新時期を通り越して外壁が傷んでいる場合は、しっかりと塗装の下地状況も

説明してもらってくださいね!!(どんなに良い塗料も、良い下地があって性能を発揮します。)

一時綺麗になっても、下地が悪いと塗材の劣化はすさまじく早いですからご注意を。

ちょっと長い説明になっちゃいましたが、大事な事なので書き止らなくなりました・・。

良いリフォームで気分良い生活を^^