外壁「浮き」エポキシ樹脂注入補修工事(タイル)

外壁「浮き」エポキシ樹脂注入補修工事

外壁は鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造の建物の場合、何層かの層によって構成されます。

コンクリートで造った外壁に対して、仕上げ層(塗装やタイル等)へたどり着くまでに、モルタルつけ送り層やタイル張り付けセメント層、仕上げ塗りセメント層など複数の層によって構成されるのが通常です。

これらの層のどれか?もしくは複数の層の間で肌別れが生じた外壁の症状を「浮き」と呼びます。

この症状は目には見えませんが、酷い症状になると外壁の剥落を起こし大事故になる可能性があります。

定期的に診断して、不具合が生じていれば早急に補修することが大切です。

ではこの「浮き」を補修する代表例として

 

手動高圧エポキシ樹脂注入補修(SUSピン併用)の流れです。

 

1.打検・マーキング

専用の持具(テストハンマー・パルハンマー等)を使って、外壁を打診検査します。

主に音の聞き分けによる検査です。

打診音の軽さ重さで浮きを判別します。

dsc_1481

 

2.振動ドリルによる穴あけ作業

振動ドリル(ハンマードリル)を用いて浮きのある層+ピンの長さの半分まで穴をあけます。

※テスト段階の施工で浮きの層までの深さを計測して、ピンの長さを選定します。

手ごたえで浮きの感覚が分かります。スッと抜ける感じ

dsc_1484

3.清掃

エアダスター等を使って穴の中と浮きの層を埃を吹き飛ばします。

dsc_1487

4.エポキシ樹脂注入

手動高圧ポンプ(通称・注入ガン)とウェスパッキンでエポキシ樹脂を「浮き」に対して注入していきます。

注入しながら、打検し音を聞き分けて、エポキシ樹脂が浮きに充填されるのを確認します。

dsc_1490

5.SUSピン挿入

ステンレスピン(全ねじタイプ)を注入孔に挿しいれて(必ず孔の底まで)肌別れした層を一つの層にします。

dsc_1494

6.穴埋め

目地セメント・樹脂モルタル・エポキシパテなどで穴を埋め戻します。

※注入したエポキシ樹脂が硬化してから。

dsc_1504

7.完了

汚れなどをしっかり清掃して完了になります。

部分注入補修ではなく全注入補修であれば、再打検して浮きがまだ存在していれば、追加注入します。

dsc_1507

以上の流れが、手動高圧エポキシ樹脂注入補修工事の流れになります。

肌別れした層をエポキシ樹脂とピンによって一体化させ強固にする補修工事になります。

目に見えない症状ですが、経年劣化・地震等で鉄筋コンクリート造の建物では量は違えど必ずと言っていいほど起っている不具合です。

高層のビルや、通りに面した建物のオーナー様は機会が御座いましたら点検されたほうが宜しいかと思います。

今年もあと2カ月です。

もう11月になっちゃいましたね。

早い早い。早すぎます。そんな気持ちがだんだん強く感じます。

歳のせいでしょうか・・。

今月で携わっていた大型現場が終わるので、少しホッとしているところです。

何はともあれ、無事に現場が終わる事は何とも言えないホッとした気分になります。

そしてお客様に喜んで頂けたら尚嬉しくホッとします。

11月になってから急に冬将軍到来で、あちこち痛いブログ管理人ですが

まだまだ、フル回転で頑張ります。

そんな管理人、先月ある資格にチャレンジしました。

日頃の仕事に対する成果が問われる資格なので、自分にかなりプレッシャーでしたが

無事に合格することが出来ました。

雨漏り診断士という資格です。

かれこれ20年ちょっと雨漏り補修という仕事に携わってきた職業としては

絶対に取りたいし、取らなければならないし落ちたら結構本気でショックだな~。

なんて色んな事を頭の中に巡らせての受験でしたが、まずまずの高得点での合格に満足しています。

とは言え、この資格は取ってからがスタートの資格だと思っております。

雨漏り診断士という資格に恥じぬ仕事をしていかなければなりません。

今まで以上により一層、真摯に雨漏りと対峙していこうと思います。

なかなか難しい雨漏り補修ですが、原因究明→補修方法の選択→施工→アフターケアを

しっかりとこなして、お客様の視点で良い仕事になるように頑張ります。

寒くなってきましたが身体に気を付けて、スタッフ一同安全作業で頑張ります!!