漏水補修工事(ひび割れ)

漏水補修工事(ひび割れ)

DSC_2107

 

 

 

 

ひび割れから雨漏り発生です。

内壁、外壁に貫通しているひび割れで、雨が降ると毛細管現象により雨水が侵入して来ます。

ひび割れを目止めシール処理して、エポキシ樹脂を注入しています。

鉄筋コンクリート造でひび割れからの漏水補修は目に見える漏水なので、処理しやすく早急に対応出来る工事です。

注入したエポキシ樹脂が硬化した後に塗装して完了になります。

ひび割れは一度雨水が通ると、水道になり雨水が通り易くなります。

ひび割れを見つけたら、出来るだけ早く何かしらの処理はしたいですね。

(勿論ちゃんと補修するのがベストですが。)

漏水、雨漏りした際には、その時の雨量、風の向き、強さに雨の降りだしから雨漏りまでの時間などの事をお聞かせ頂けると、調査、原因特定の大変貴重な情報になるので気にかけておいて頂けると幸いです。

これから、ゲリラ豪雨や台風などの雨風があると思います。

皆様お気をつけください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です